ユーキャン 保育士

ユーキャン:保育士の将来性

ユーキャン保育士講座で保育士を目指す人は増えていますが、この仕事の将来性はどうでしょうか。

日本全体としては少子化ということで、子供の数はドンドン減っていきます。単純に考えると保育士が働く場所が減っていくのではと思いますよね。

ところが、自分達の周りを見ても、保育園に入れなくて困っているご家庭が多いのです。その背景には共働きの家庭が増えているということがあります。
国や地方自治体はそういった状況を解消しようと、保育園の定員を増やしたり新しく保育園を作ったりしていますが、まだまだ不足しています。

女性が多く働く企業などは、そういった状況に対応して、社内や関連会社などで託児所や保育園を設け、従業員へのサービスとして運営しています。

ユーキャンの保育士講座を受講して、見事に保育士になれたとしても、力を発揮する場所がなければ困りますが、今後はこういった保育園以外の場所での保育士ニーズが高くなってくるので、チャンスはたくさんありますよ。

ユーキャン 保育士

ユーキャン保育士講座 受講者の声

ユーキャン保育士講座は、他の講座でも良く聞く評判ですが、やはりテキストがわかりやすいという受講者が多いですね。

イラストや図を多用しているので、見やすくわかりやすいですし、コーナー毎にチェック問題があるので飽きることなく学ぶことができます。

また、DVDや問題集なども充実していて、楽しく無理なく学べるのがユーキャンの保育士講座の良いところだという声が多数あります。

受講者のほとんどは、まず資料請求をしていますが、その資料もわかりやすく、受講費用も比較的リーズナブルなところが魅力です。

その他には、まるでユーキャンのCMのようですが、本当にユーキャンの保育士講座のテキストにあった問題が資格試験で出たなんて話もありました。そうなると益々この講座の人気は高まるでしょうね。

受講者の方は一発で合格した方もいらっしゃいますし、2年かけてコツコツと結果を出した方もいらっしゃいます。
ユーキャンの保育士講座受講生は、暖かなサポートも受けられるので嬉しいですね。

ユーキャン 保育士

ユーキャン:保育士の資格試験について

ユーキャン保育士講座を受講して、保育士の国家資格を取得するためには、資格試験をパスしなければいけません。

保育士の受験資格は、細かい条件がたくさんあってひと目見ただけでは良くわからないので、受験資格があるか無いかは(社)全国保育士養成協議会 保育士試験事務センターで確認してください。

保育士の国家試験は、筆記試験と実技試験の2つがあります。
もちろん両方合格ラインを超えないと資格はもらえません。

筆記試験には、

(1)社会福祉 
(2)児童福祉 
(3)発達心理学及び精神保健
(4)小児保健 
(5)小児栄養 
(6)保育原理
(7)教育原理及び養護原理
(8)保育実習理論

があります。

実技試験には、

(1)音楽 
(2)絵画制作 
(3)言語

の3つがあり、この中から2つ選択して受験します。

保育士の国家試験はユニークな制度があって、筆記試験は科目制になっていて10科目のうち合格した科目は、もしその年に資格が取得できなくても3年間は有効になります。ありがたいですよね。

ユーキャンの保育士講座でしっかり学べばチャンスは広がります。

ユーキャン 保育士

ユーキャン保育士講座のテキスト・教材

ユーキャン保育士講座は標準受講期間が12ヶ月に設定されています。

ユーキャンの保育士講座で使うテキストは、イラストや写真が多用されているので、結構楽しく見ることができますし、難しい専門用語も基礎から確実に理解できます。

短大や専門学校だと2年から3年はかかる内容を、在宅で12ヶ月でマスターする特別プログラムが好評です。
でも、1日にかける学習時間はたったの1時間なのです。

また、大事な実技試験対策のために、音楽と絵画制作・言語それぞれの教材が用意されています。経験が豊富な先生達が、実技試験の重要ポイントをしっかりと教えてくれる教材です。

ユーキャンの保育士講座には、添削指導が9回分もついています。添削は個別に専門の先生が教えてくれるのでとてもわかりやすく、素早いスキルアップができます。

教材には、テキストが8冊も付いている他、問題集やDVDなどたくさんの教材がついていてお得感がありますね。

ユーキャン 保育士

ユーキャンの保育士講座で保育士を目指す

ユーキャン保育士講座は主婦でもチャレンジできる国家資格の一つとして人気があります。

保育士は、平成15年11月から国家資格として認定されました。
保育士のニーズは高く、共働き家庭が増えていることもあり、保育園に入園希望をする方は多いのです。

ただ、保育園のキャパシティも不足していて、待機している乳幼児は全国にたくさんいます。
今後保育園を増やしていこうとする中で、保育士の数も増やしていくことになります。

また、企業の中で託児所を設け、保育士を置いて福利厚生の一環としている企業も増えています。

その他には、病院や幼児教室、福祉施設、デパートなどのショッピング施設などで保育士のニーズが高まっています。

ユーキャンの保育士講座受講者は主に女性ですが、最近は男性の保育士も増えて来ていますね。



Powered by Seesaa